『多様性のパワー』~富とイノベーションと多様性~
Wealth, Innovation & Diversity - スター・スローアー社

※ここでご紹介する映像は英語オリジナル版をもとにしています。
日本語版のご評価用DVDをご希望の方は下記ボタンをご参照ください。

  • DVD日本語字幕版 31分
  • 通常価格 ¥89,500
    特別セール価格 ¥80,000
パッケージ画像
【付属品セット内容】
  • CD-ROMリーダーズガイド(英)
  • CD-ROMワークブック(英)
  • CD-ROM参考資料集(英)

未来学者ジョエル・バーカーによる最新作!!

前作『新・パラダイムの魔力』で高い評価を得た米国の未来学者ジョエル・バーカーの最新作。
前作で、現状打破のための「パラダイムの転換」の必要性を説いたジョエルは、この作品で21世紀に向けた新たな指針を提供する。
そのキーワードは『多様性』。豊富な過去の歴史的事例や自然現象をもとに、いかに『多様性』が社会の変化への対応に優れているかを説く。
21世紀、その多民族国家としてのエネルギーをフルに発揮して世界のリーダーに登りつめた米国はその好例。日本においても『多様性』の重要性が見直されつつある現在、このDVDは好機を得た内容であると言える。

購入申込書ダウンロード
掲載のタイトルのご購入をご希望の場合、こちらからご購入申込書をダウンロードしてFAX、またはEメールに添付してお送り下さい。(PDF)
詳細説明書ダウンロード
「フィッシュ!」を中心とした弊社製品の詳細な説明書参考資料がダウンロードができます。(PDF)
評価用DVDお申込
各タイトルのさらに詳しい映像内容をご覧になりたい場合、こちらから「ご評価用DVD」のお申込みが可能です。

商品詳細

DVD『多様性のパワー(富とイノベーションと多様性)』は、多様性がなければイノベーションはなく、またイノベーションがなければ、発展(富)はないといった根本的な真理を理解する旅にあなたをお連れします。言いかえれば、多様性は単に優れているというのみならず、限りなき可能性の源泉でもあるということです。
ベストセラー作家、ジョエル・バーカーの作品『多様性のパワー』は、自分とは異なった人を雇い、昇進させ、そして育てるときにこそ、持続的な成功が得られると主張します。
いろいろな種類の組織的チャレンジに即座に活用できる『多様性のパワー』は、各種の研修用ニーズに応える包括的な基礎プログラムと言えます。

内容のご紹介

ジョエル・バーカーは先ず、歴史上に例を取り、アイルランドとインカ帝国でのジャガイモの栽培法の違いから、多様性を重視する文化の卓越性を指摘する。その上で、人間は本来「異質なものに対する拒否感」があると指摘する。

そこで科学者ジョージ・ランドの学説を引用し、ものごと(集団)が成長する過程の3つの段階を紹介。とりわけその第2段階「増殖」においては「同一性」が求められ、高く評価されるとする。

しかしその一方で、多様な生態系は多くの利点を持ち、生存に有利であると説明。ここで例として示される、ミネソタ大学のティルマン教授らによるシダー・クリークでの区画栽培研究は大変興味深い。(多様性の高い区画ほど長期的な生存に優れている。)

そこでジョエルはランドの学説の第3段階でもある「共利共生」という概念を提示。全く異なる要素が組み合わされ、新しいアイデアが創出され、利益がもたらされる過程を多くの実例を挙げて説明をする。

そしてこのプログラムの結論に至る。それはすなわち、多様性⇒イノベーション⇒富という連鎖であり、このDVDの副題のとおり、新たな富はイノベーションから生まれ、イノベーションは多様性により促進される、ということになるのである。

【制作者のプロフィール紹介】ジョエル・バーカーとは?

ジョエル・バーカー

ジョエル・バーカーは、著名な未来学者である。
「パラダイム・シフト」という概念を最初に世界中に広めた人物であったので、『パラダイム・マン』として知られている。
彼は1975年頃から「パラダイム・シフト」の概念を提唱し、これによって世の中の根本的な変化や、組織内の変革を推進するための「ビジョン」の重要性を説いてきた。名門ライブラリー・ジャーナル誌は1992年に発行された彼の本『未来の先端(Future Edge)』を、その年の最も有力なビジネス書のひとつとして記載した。
ジョエル・バーカーは世界中の様々な企業・組織と仕事をしており、またシンガポール、ベネズエラ、カナダ、ペルーなどの政府機関にもサービスを提供している。

(ジョエル・バーカーのウェブサイト: www.joelbarker.com)

ちょっとトピックス

“多様性”は米国発展の源泉?

米国民の物語は移民と多様性の物語である。米国はどの国よりも多くの移民を迎え入れてきた。今でもなお年間70万人を受け入れており、よく「人種のるつぼ」と表現される多民族社会である。

実は単に人種構成だけを見ると、80%が白人、残りを黒人(13%)、アジア系(5%)、インディアン系(1%)などが分けあっており、これだけ見ると圧倒的な白人社会に見える。しかしその白人の祖先を見ると欧州を中心に多彩であり、国勢調査で明示されている主要なものだけでも20カ国を超える。そして、それらはすべて歴史・思想・価値観などが異なるのである。


アメリカ大陸に絶えず流入してくるこうした人々は米国の国民性に深い影響を与えてきた。米国民は独立心と楽観(積極)主義のため、すすんでリスクを引き受け、新しいことに挑戦することで知られている。米国に長く暮らしていると、物質的豊かさや政治的自由は当然のことと思いがちだが、実はこうした恩恵がどれほど貴重なものか、多くの移民たちがそれを思い起こさせてくれることだろう。

移民は出身地の文化を米国の地域社会に持ち込むことにより、意図するしないにかかわらず米国を豊かにしている。自身がアイルランド系移民の孫であったジョン・F・ケネディ大統領は、新・旧の移民の混合を概括して、「米国は対等な土俵から人生を再出発した、移民の社会。古い伝統の記憶がまだ失せぬうちに、未開の分野を切り拓こうとする人々の国…これが米国の発展の秘訣である。」と述べている。

【参考文献:米国務省国際情報プログラム局出版「アメリカ合衆国のポートレート」など】

Diversity関連の参考リンク

ダイバーシティ推進のツボと落とし穴(日経Human Capital Online)

アメリカ多様性財団

購入申込書ダウンロード
掲載のタイトルのご購入をご希望の場合、こちらからご購入申込書をダウンロードしてFAX、またはEメールに添付してお送り下さい。(PDF)
詳細説明書ダウンロード
「フィッシュ!」を中心とした弊社製品の詳細な説明書参考資料がダウンロードができます。(PDF)
評価用DVDお申込
各タイトルのさらに詳しい映像内容をご覧になりたい場合、こちらから「ご評価用DVD」のお申込みが可能です。

▲ ページトップへ戻る

お取り扱い商品一覧

各社の名前をクリックすると各制作会社のホームページ(英文)をご覧いただけます。

チャートハウス社

スター・スローアー社

CRMラーニング社

マトリクス・プラス社